すっきりフルーツ青汁 タイミング

すっきりフルーツ青汁を飲むタイミングって?

 

 

ここではすっきりフルーツ青汁を飲むべきタイミングについて説明していきます。
医薬品ではないわけですし、基本的にはいつ飲んでも良いわけですが、効果を引き出しやすくなるタイミングがあると言われています。

 

 

「ああ、でもとにかくたくさん飲めば良いんじゃないの?」

 

と感じるかもしれませんが、それは危険です。
すっきりフルーツ青汁を飲み過ぎるとお腹が緩くなる場合があると公式サイトにも書かれています。

 

基本的には1日1杯、すっきりフルーツ青汁に慣れてきても1日2杯までにしておきましょう。
普段水分をあまり飲まない方の場合は、特にお腹が緩くなりやすいそうですから、最初は必ず1杯ずつにしましょう。

 

さて、それでは次の項目からすっきりフルーツ青汁を飲むべきタイミングを紹介していきましょう。

 

 

おすすめのタイミングは2種類です

 

 

すっきりフルーツ青汁を飲むべきおすすめのタイミングは2種類あります。
それぞれ紹介していきましょう。

 

朝食時

 

公式サイトに書かれていますが、朝食の代わりにすっきりフルーツ青汁を飲んでいる方が多いそうです。
特に、今まで朝食を食べる習慣が無かった人(最近多いですよね)にはお勧めです。
ただし、朝食を食べる習慣が普通にある人は、あえて朝食をすっきりフルーツ青汁に置き換える必要はないと思います。

 

朝食は1日の、特に午前中のエネルギーになりますからね。
きちんと朝食を食べる人ほど、午前中に頭が働きやすくなると言われています。

 

夕食の前

 

これも公式サイトに書かれている事ですが、夕食前にすっきりフルーツ青汁を飲んでいる方も多いそうです。
前もってお腹をある程度満たしておいて夕食の食べ過ぎを防ぐというのが目的ですね。
現代人は朝、昼が軽めで夕食に大量に食べる人も多いそうですから、特に良いと思います。

 

実際、生活リズムの観点で見れば朝食の代わりに飲むよりも、このように夕食前に飲む方がより良いと私は思います。

 

その他、朝食や夕食ほどではありませんが、飲むと効果が出ると言われているタイミングを紹介しておきます。

 

昼食の前

 

夕食の前に飲むのと同じ理屈です。
ですが、働いている方など忙しい方の場合は、手軽に飲めるすっきりフルーツ青汁と言えども飲むのが手間だと思います。
しかし、昼食時に時間的なゆとりがある方はこのタイミングで飲んでみても良いと思います。

 

おやつ代わりに

 

おやつを大量に食べてしまう。
という人にお勧めです。

 

間食をするな、とは言いませんがカロリー過多になりやすいですから、すっきりフルーツ青汁を代わりにしてみるのも良いと思います。

 

もしも、すっきりフルーツ青汁を1日2杯飲むのであれば(お腹に気を付けて下さいね)、1〜3のいずれかのタイミングと、おやつ代わりに飲むのも良いかもしれませんね。

 

 

こんな効果を期待してみましょう

 

 

そして、すっきりフルーツ青汁を上記のように飲むようにすると、以下のような効果が期待できると言われています。

 

 

1:カロリー過多の解消

 

カロリー過多の解消が期待できますよね。
食事を低カロリーなすっきりフルーツ青汁に置き換えるわけですから単純な理屈です。
消費エネルギーが摂取エネルギーを上回る事で、人間は痩せていくと言われていますから、かなり有意義だと思います。

 

 

2:お通じの改善

 

すっきりフルーツ青汁には、スポルス乳酸菌とラクリス乳酸菌という2種の乳酸菌が含まれています。
これらの乳酸菌は生きた状態で腸に届くと言われており、お通じを改善してくれると見られています。

 

「乳酸菌飲料」と銘打っていても、腸に届くころには乳酸菌がほとんど死んでしまっている商品も少なくないらしいですよ?

 

 

3:美容効果も期待できる

 

セラミド、プラセンタ、ビタミンCなど、美容効果が期待できる成分も入っています。